HOME / 特殊生殖医療部門 / 特殊生殖 / 着床前診断 / はじめに
   d  d  d

Special Reproduction

特殊生殖  ー 着床前診断

はじめに

着床前診断とは


着床前診断(受精卵診断)とは受精卵が子宮に着床して妊娠が成立する前に、受精卵の染色体や遺伝子に異常がないかどうかを調べる医療技術。1990年に報告され、以降世界中で約10,000人の子供が着床前診断を受けて生まれている。

着床前診断を受けると、もともと染色体異常で着床できなかった受精卵、あるいは流産する運命にあった受精卵を調べて、胎児として発育できる受精卵だけを子宮に戻すことができる。体外受精後の流産はこういった受精卵の染色体異常による場合が多く、着床前診断を受けることで、流産率が減少することが証明されている。

何度も流産を繰り返す、染色体の相互転座による習慣流産の人の流産率は70~90%と報告されているが、着床前診断によって一般の方と同じか、それ以下の10%前後まで低下させる事が可能になる。

しかし日本産科婦人科学会は着床全診断の治療を事実上禁止していたため、2004年に国内初の習慣流産の患者さんに着床全診断を行った神戸市の大谷徹郎・大谷産婦人科院長を学会除名処分にした。

翌年の2005年、学会による承認審査を条件に、転座が原因で流産を2回以上繰り返した場合に実施することをようやく認めた。