HOME / 特殊生殖医療部門 / 特殊生殖 / 減胎手術 / はじめに
   d  d  d

Special Reproduction

特殊生殖  ー 減胎手術

はじめに

減胎手術とは・・・


自然に、又は不妊治療の結果、多胎妊娠となった母親に、妊娠22週未満において胎児数を減らし、母子共に安全に妊娠経過させ出産に至らせる方法

1980年代頃、不妊治療の中で排卵誘発剤による副作用、または体外受精における受精卵を数個子宮に戻すことにより全国的に多胎児が多発した。中には不妊治療の結果のやっとの妊娠にも関わらず6胎、7胎妊娠で、全員中絶か全員産むかの二者択一しかなく、全員中絶をやむなくされていたケースも数多く報告されていた。

1986年に当院の根津院長が減胎手術に世界で二番目、日本で初めて成功。以来1000例以上の減胎手術をおこない約1500人が誕生している。当院で減胎手術を受けた妊婦さんが出産に至るのは約98%であり、通常の妊婦さんの出産に至るケースと比較しても、医療行為として確立したものであるといえる。諏訪マタニティークリニックにおける減胎手術の9割は他院からの患者さんであるが、多胎がわかった際に、医療者から適切な情報提供はほとんどなされていないのが現状である。

現在も減胎手術に関する法律はない。
様々な施設で行われているといわれるが、実状は公開されていない。また、医療機関により施術方法も成功率もばらつきがあり、法的にも医療的にも公なルール整備が強く望まれる。