HOME / 特殊生殖医療部門 / 特殊生殖 / 非配偶者間体外受精 / はじめに
   d  d  d

Special Reproduction

特殊生殖  ー 非配偶者間体外受精

はじめに

非配偶者間体外受精とは

非配偶者間体外受精とは、精子提供、卵子提供によって行われる体外受精のことである。
配偶子(精子又は卵子)の無い人または自身の配偶子では妊娠・出産が不可能な人が、配偶子を提供してもらい体外受精を行う方法。
日本においては精子提供による人工授精(AID)は1948年より行われ、すでに1万人以上の子供が誕生し、その子供が成人し、自然妊娠・分娩したことも確認されている。
しかし、日本産科婦人科学会は会告(指針)で、体外受精での卵子、精子提供を認めていない。
一方、厚労省審議会は2003年、非配偶者間体外受精を容認する報告書を出した。ただし、卵子、精子提供者は「匿名の第三者」とし、兄弟姉妹からの提供は家族関係が複雑になるとして「当面認めず、匿名での提供で開始した後、再検討する」とした。

現在も人工授精、体外受精に関する法律はなく、結論は出ていないが、昨年、20の医療施設によって構成されているJISART(日本生殖補助医療標準化機構)が非配偶者間体外受精を行なったことを公表し、また今年になって日本生殖医学会の倫理委員会が非配偶者間体外受精を認めていく方向性を出した。