HOME / 料金表 / こうのとり外来
   d  d  d

料金表

こうのとり外来

不妊治療外来料金表

項目
3割負担
費用 (税抜)
初診料 850円 5,000円
再診料 220円 2,500円
再診料+外来管理加算 370円 2,500円
子宮頚癌検診(含 採取料、判断料) 900円
-
クラミジア抗原(含 判断料) 1,060円
-
頚管粘液検査(含 判断料) 330円 -
性交後検査(Huhner test)(含 判断料) 160円 -
超音波検査 月の1回目(2回目以降) 1,590円(1,430円) 1,500円
子宮卵管造影検査(含 薬,造影剤) 4,000円 +1,500円
子宮下内膜ポリープ切除術鏡検査 
(含 頚管拡張、病理、薬、麻酔、点滴)
18,500円 +3,360円
抗精子抗体 - 10,000円
尿中HCG定性(妊娠反応) - 2,000円


血液検査(含 採血料、判断料)

項目
3割負担
費用 (税抜)
1. 血中HCG定量 930円 1,460円
2. E2、LH 1,420円 3,090円
3. P4 980円 1,620円
4. FSH、LH、PRL 1,500円 -
5. 血液型、STS、TPHA、HBs、HCV、ATL、HIV - 5,410円
6. fT3,fT4,TSH 1,640円 -
7. クラミジア抗体IgG、IgA 1,120円 -
8. AMH(抗ミューラリアンホルモン) - 4,000円


注射(含 手技料)

項目
3割負担
費用(税抜)
1. HMG製剤 ゴナピュール注用150IU 1A (2A) 590円(1,120円) 1,960円
(3,740円)
  HMG注射用150IU「フェリング」 1A (2A) 550円(1,040円) 1,820円
(3,460円)
  ゴナールエフ皮下注ペン900
 900国際単(自己注射薬剤)
14,040円 46,790円
2. HCG製剤 ゴナトロピン5,000IU 2A 350円 1,150円
  ゴナトロピン5,000IU 1A 200円 660円


排卵抑制剤

項目
費用 (税抜)
1. リュープロレリン酢酸塩注射キット1.88 20,800円
2. ナファレリール1本 6,920円
3. ガニレスト皮下注 0.25mgシリンジ 7,000円


特殊治療

項目
3割負担
費用 (税抜)
1. AIH(配偶者間人工授精) - 20,000円
2. 特殊AIH - 30,000円
3. 流死産胎児染色体検査 - 30,000円
4. 羊水染色体検査 - 120,000円
5. 超音波ガイド下 卵巣嚢腫吸引アルコール固定術 6,020円 -

*1. その日の治療内容によって外来管理加算の必要な場合と不要な場合があります。
*2. 超音波検査は月に1回しか保険では認められていないため、これ以上の場合には私費となります。 ただし、排卵誘発剤使用している場合には3回/月まで認められます。
*3 . ここにお示しした処置料は、あくまでも標準的な金額です。
各人、状態によって処置内容、処方薬が異なり、金額が異なる場合があります。


不妊治療私費料金表

2013年1月21日より適用
項目
費用 (税抜)
採卵・培養・胚移植   初回
    2回目
    3回目以降
350,000円
300,000円
250,000円
胚盤胞移植 +30,000円
新鮮胚に凍結胚加えて移植を行う場合   1-5回目
    6回目以降
+50,000円
+20,000円
採卵・培養・凍結まで    
凍結保存前提の場合(凍結料別)   初回
    2回目
    3回目以降
 
300,000円
250,000円
200,000円
採卵・培養まで
移植あるいは凍結できなかった場合
6回目以降移植あるいは凍結できなかった場合
 
100,000円
50,000円
採卵のみ(卵が回収されなかった場合) 20,000円
顕微授精    
    6回目以降
    (移植卵ないし凍結卵卵なし)
+70,000円
+50,000円
10,000円
Laser Assisted Hatching 無料
精巣上体精子吸引術 50,000円
精巣精子回収術 100,000円
受精卵凍結(保存料金6カ月分を含む) 50,000円
精子凍結(保存料金6カ月分を含む) 20,000円
更新凍結保存料(6カ月分) 10,000円
凍結受精卵融解・胚移植   1~5回目
    6回目以降
120,000円
60,000円
キャンセル料 15,000円

*1. 採卵料金には麻酔料なども含まれます。
*2.
胚移植まであるいは受精卵凍結までの費用を払われた方は、次回より上記のとうり別料金といたします。ただし、6カ月以上採卵期間があいている場合には適応いたしません。
*3. 体外受精の回数は、移植まで行った場合、および凍結前提で凍結卵までいった際にも1回と数えます。ただし採卵は行ったが移植(あるいは凍結)できなかった場合には1/2回、また凍結卵移植のみの場合にも1/2回と数えます。ただし採卵を行っても卵が回収できなかった場合は数えません。
*4 御主人の精液の処理に関して、再診料と精液検査料をいただきます。