HOME / リプロダクションセンター / 不妊治療について / 不妊治療方法 / マイクロサージェリー
   d  d  d

Suwa Reproduction Center

不妊治療について  ー 不妊治療方法

マイクロサージェリー

12.マイクロサージェリー(顕微鏡下手術)
 この治療が必要な患者さんは,不妊の原因を手術療法によって治療し,体外受精をせずに,自然妊娠をしたいと希望されている以下の方々です.

  1)卵管の閉塞が認められる場合
  2)卵管卵巣周辺の癒着が認められる場合
  3)子宮内膜症で骨盤内臓器癒着がある場合

 この治療は,2週間程度の入院が必要になります.全身麻酔をかけ,腹部に10cmほどの切開を加えて手術を行います.癒着の程度にもよりけりですが,最低でも4時間程度の手術時間がかかります.この手術の重要な点は,もとの状態に修復することはもちろんのこと,再癒着を防止することにあります.

[副作用]
  1)全身麻酔に合併するトラブル
  2)出血
  3)腸管の損傷(癒着の厳しいときに可能性あり)  
  4)尿管の損傷(この手術では滅多におきることはありませんが,3)同様に癒着がひどい際には可能性があります)
  5)術後感染症
  6)術後再癒着

   [術後]
 自然妊娠を期待して,自然経過の中で様子を見ます.もちろん,排卵時期の確認は行っていったほうが可能性は高いと考えられます.この治療を行っても妊娠が成立しない場合には,体外受精を行うかあきらめるかのいずれかです.