HOME / リプロダクションセンター / 不妊治療について / 不妊症の検査項目 / 初診時の検査
   d  d  d

Suwa Reproduction Center

不妊治療について  ー 不妊症の検査項目

初診時の検査

 初めて当院を受診された方には,まず問診票を書いていただきます.紹介状をもっての来院の方は過去の治療内容などがわかりますが,そうでない方は,今までの治療内容なども含めて詳しく記入して下さい.診察の際の手助けになります.長い経過の方は自宅で簡単に経過をまとめとこられると楽かと思います.その後,受付番号順に診察になります.お渡しした携帯電話でお呼びいたしますので,電話で呼ばれましたらこうのとり外来1診へおこしください.ドアは横開きです.ご主人と御一緒の方はお二人でおはいりください.
 まず問診をさせていただき,診察台に上っていただき診察になります.
 初めての診察では,スクリーニング検査として子宮頚癌検診,クラミジア感染症にかかっていないかの検査,超音波検査,婦人科診察をおこなっています.

a)子宮頚癌検診
 子宮頚癌検診は,地方自治体でおこなっている集団検診と同じですが,たぶんそれより丁寧だと思います.年に一回は検査をしていた方がいいために当院ではおこなっています.

b)婦人科診察
 子宮の大きさ及び硬さ,子宮の可動性,子宮の可動痛,子宮と直腸の間の病変の有無などを調べます.

 ご主人の検査は,基本的には初診時にはしておりません.まず,検査の流れの中で性交後検査(Huhner test)を行った後,異常があった場合に精液検査をしていただいています.しかし,初診時に検査希望の方は申し出ていただければ,採精室(個室)にご案内いたします.検査をおこないます.