HOME / 産科・婦人科・小児科部門 / 手術部門 / 当院の手術特性
   d  d  d

Ob/Gyn & Pediatrics

手術部門

当院の手術特性

当院の手術部門では、年間手術件数250例前後を扱っております。




当院の手術特性


当院の手術特徴
「なるべく傷は目立たず、なるべく傷は無く」をモットーに、皮膚溝に沿って皮切を入れる下腹部横切開手術や、膣式手術に力を入れています。 ご希望に応じ、談話室(家族待合室)にてテレビを通して手術経過をライブでご覧頂けます。




取り扱い手術


腹式手術(下腹部横切開)

  • 腹式単純子宮全摘術、腹式子宮筋腫核出術、卵巣嚢腫一部切除術、卵管一部切除術(子宮外妊娠、卵管水腫)

  • 帝王切開術


膣式手術

  • 膣式子宮全摘術、子宮脱根治術

  • シロッカー氏頚管縫縮術

  • 子宮膣部円錐切除術

  • バルトリン腺嚢腫開窓術


膣式手術

*不妊治療の一環として行うことがあります。

など




第一手術室 第二手術室 談話室(家族待合室)