HOME / 産科・婦人科・小児科部門 / 産科・小児科 / 産科外来 / 妊娠中のQ&A
   d  d  d

Ob/Gyn & Pediatrics

産科・小児科  ー 産科外来

妊娠中のQ&A

妊娠初期から12週程度まで


Q: 出血(茶色いおりものを含む)がある、あった
A:
ご連絡ください。おなかの痛み(重い感じ)があるか、出血の前に排便があったか、現在も出血が続いているのかなどお聞きします。状況に応じて自宅安静をお願いしたり、診察をうけに来ていただいたりします。

Q:   つわりがひどくて嘔吐が続いている、食べられない
A:
あまり我慢せず、診察日にお越しください。点滴による補液をしたり、吐き気止めのお薬、つわりを楽にする漢方薬をお渡しします。症状がひどい場合には、安静入院が必要になります。

Q:   おりものが多い、気になる
A:
診察日にお越しください。帯下検査をします。

Q:   下腹部の重い感じがとれない
A:
安静にしていても重い感じが続く場合は、子宮の収縮が強いこともあります。休診でもご連絡ください。

Q:   風邪をひきました
A:
診察日にお越しください。38.5℃以上の発熱がある場合は休診でもご連絡ください。



妊娠12週以降


Q:   おなかの張り(重い感じ、おなかが全体的に硬くなる)が頻繁に(一時間に一回以上)ある
おなかの張りが休んでもとれない
A:
ご連絡ください。診察をさせていただき、状況で入院が必要になる場合もあります。お薬をお渡ししてある方には、服用方法の変更をお話しすることもあります。

Q:   出血(茶色いおりものを含む)がある、あった
A:
ご連絡ください。診察の結果では入院が必要になることもあります。



妊娠20週以降


Q:   胎動が感じられなくなった
A:
30分ほど横になって休み、赤ちゃんが動き出すのを待ちましょう。それでも感じられなくて心配な場合はご連絡ください。お母さんが働きすぎていると赤ちゃんの動きが鈍くなったり、また、おなかの張りが強いと感じにくいこともあります。

Q:   おなかの張り(重い感じ、おなかが全体的に硬くなる)が頻繁に(一時間に一回以上)ある
A:
ご連絡ください。診察をさせていただき、状況で入院が必要になる場合もあります。お薬をお渡ししてある方には、服用方法の変更をお話しすることもあります。

Q:   腰が痛い
A:
むりのない姿勢をこころがけ、妊婦検診の日にお話しください。腰の上のほうが痛くて熱っぽいときは、腎盂炎の疑いやインフルエンザの疑いもありますので、ご連絡ください。


.