HOME / 産科・婦人科・小児科部門 / 産科・小児科 / 乳房外来 / 母乳哺育のすすめ
   d  d  d

Ob/Gyn & Pediatrics

産科・小児科  ー 乳房外来

母乳哺育のすすめ

なぜ母乳がいいのですか?


赤ちゃんにとって充分な栄養が母乳に含まれています。

お母さんから出る母乳には、わが子に合った母乳の成分が出るように自然にできているんですよ。


免疫がたくさん含まれています。

母乳中には、免疫グロブリンという抗体が含まれていて、病気にかかりにくい役目をもっています。


あごの発達にもよいのです。

母乳を吸うということは、ゴムの乳首よりあごの運動を必要とします。最近、あごの発達の悪い子供がふえているといわれます。赤ちゃん時代からあごをよく使うようにさせてあげたいものですね。


母と子の強いきずながはぐくまれます。

スキンシップにより、お母さんと赤ちゃんの信頼関係が確立され、情緒的にも安定します。


とても経済的で便利です。

母乳はお母さんが普通の食事と生活さえしていれば出るため、とても経済的です。そのうえ、ミルクをつくる手間や消毒の必要はなく、出かける時もミルク用品を持つ必要はありません。


目に見えない大切な「母乳(愛情)」が含まれています。