HOME / 根津八紘コーナー / 根津八紘ヒストリー
   d  d  d

根津八紘コーナー

根津八紘ヒストリー


根津八紘ヒストリー できごと
1941年 太平洋戦争
1942年5月 長野県松本市生まれ。4人男兄弟の末っ子として育つ。 1942年 米機日本初空襲
1945年 広島・長崎原爆投下 終戦
1949年4月 東筑摩郡本郷村立本郷小学校 入学 1949年 国内初AID(非配偶者間人工授精)児誕生(慶応義塾大学)
1955年 現松本市立女鳥羽中学校 入学
1958年 長野県立松本深志高校 入学
美術部アカシア会入部
スケート部を創設
スケートでインターハイ出場する
1959年 安保闘争
1962年 信州大学医学部入学
1967年 [8月]沖縄赤十字先島診療に参加
1968年 信州大学医学部卒
1968〜71年 琉球政府(現沖縄県)立中部病院ハワイ大学インターン・レジデントコース履修
前置胎盤の患者さんを救命
ティーチングスタッフ
1968年 日本初の心臓移植手術(札幌医大)
1971〜73年 沖縄県コザ市(現沖縄市)上村病院勤務
1972年 沖縄の復帰
1973〜76年 信州大学医学部産婦人科学教室助手
1976年 下諏訪町に諏訪マタニティークリニック開業 1976年 鹿児島で5つ子誕生
1978年 英にて世界初の体外受精児誕生
1983年 国内初体外受精児誕生(東北大学病院)
日産婦会告、非配偶者間体外受精は認めない
1984年 SMC(Self-Mamma Control: 自己乳房管理)方式始動
1986年 減胎手術実施を公表(日本初・世界2例目)
SMC(Self-Mamma Control: 自己乳房管理)方式の確率
1986年 日産婦「体外受精施設登録制度」開始
日母「日母医報」にて減胎手術を否定
1989年 医療法人登誠会 諏訪マタニティークリニック設立
1991年 代理出産を望む夫婦に、米国の医療機関を紹介する「卵子提供・代理母出産情報センター(東京)」開設
1992年 国内で初めて「顕微授精」(宮城県)
1993年 助産師卒後研修センター併設
減胎手術について、日母の見解により刑事が事情を聞きにくる
1993年 日母、減胎手術は堕胎罪に当たるとの見解
1996年 不妊治療専門の諏訪リプロダクションセンター開設
1997年 日産婦、AIDを認める会告
1998年 国内初非配偶者間体外受精実施、公表
日産婦を除名(2004復帰) [3月]『減胎手術の実際』出版
[9月]『母乳で育つ』出版
1999年 [1月]『悩む患者がいる限り 私は続けたい』出版 1999年 初の法的脳死判定による臓器移植
2000年 厚生省報告書、第三者の精子・卵子・受精卵の使用認める(代理出産は認めない)
2001年 [5月]代理出産公表
[10月]『代理出産 不妊患者の切なる願い』出版
2001年 40代女性が死後生殖
2003年 清水宇宙生理学研究所併設 2003年 [4月]厚労省報告書、非配偶者間体外受精の提供者は兄弟姉妹以外の第三者のみ、代理出産禁止
[4月]日産婦会告、代理出産禁止
[7月]法務省報告書、分娩者を母
[10月]米代理出産をした夫婦の双子の出生届けが不受理になったことが判明
[11月]米代理出産をした向井亜紀さん・高田延彦さん夫妻の双子の出生届けの不受理撤回の訴えを退ける
2004年 [8月]『子守うたを奪わないで』出版 2004年 米での代理出産児の出生届不受理
神戸の大谷徹郎医師、着床前診断により日産婦を除名(2009復帰)
2006年 実母による代理出産公表
着床前診断、国内2番目の公表
2006年 [9月]最高裁、死後生殖で生まれた子に対する亡き父の認知を認めない判決
[9月]向井亜紀さん夫妻の双子の出生届の不受理撤回が認められる、品川区は控訴
[12月]最高裁、厚生労働省の依頼で、日本学術会議「生殖補助医療の在り方検討委員会」を設置。代理出産について議論。
[12月]民主党作業チームが代理出産を認める中間報告
2007年 [4月10日]死後生殖実施の公表
日本学術会議「生殖補助医療の在り方検討委員会」第8回会合で代理出産等について意見
2007年 [3月]最高裁、向井亜紀さん夫妻の双子の出生届け不受理が確定
[3月]厚労省国民の意識調査、代理出産認める54%
[4月14日]日産婦「死後生殖」禁止の会告
2008年 [8月]第26回日本受精着床学会学術講演会で代理出産を初めて発表
[11月]着床前診断に関する日産婦との訴訟、最高裁に上告、却下
2008年 [4月]日本学術会議報告書、代理出産原則禁止、試行は容認
→見解はこちら
[8月]インドで代理出産をしたケース、女児生まれるも受取りの夫婦が離婚し、母親が受取りを拒否。女児は一時無国籍状態に。
→見解はこちら
[12月]日本生殖学会、非配偶者間体外受精を認める方針
→見解はこちら
2009年 [2月]日産婦より代理出産について厳重注意の書類が届く
[4月]代理出産で生まれた子どもが特別養子縁組を認められる
[4月]自由民主党政務調査会 脳死・生命倫理及び臓器移植調査会にて現状報告と提言
[11月]『母と娘の代理出産』出版
2011年 [1月]『この国で産むということ』野田聖子さんと共著
[3月]第5回宗教と生命倫理シンポジウムにパネリスト参加
第29回日本受精着床学会にて「非配偶者間の生殖医療を考える」パネリスト参加
[9月]第52回日本母性衛生学会学術集会にて教育講演
2011年 [3月]東日本大震災
2012年 [4月]AERA現代の肖像に掲載
日産婦に着床前診断の症例を報告
[12月]『ほーかい 退屈知らずのわが人生』出版
2012年 [7月]血液による出生前診断が話題になる