HOME / 病院のご案内 / 病院沿革
   d  d  d

病院のご案内

病院沿革

病院沿革

富士山
当病院屋上より望む富士山


東病棟完成時
東病棟完成時


サンルーム
サンルーム


南病棟完成時
南病棟完成時


受付当時
受付 昭和61年当時


現在
現在
<歴史>

昭和51年 8月 諏訪マタニティークリニック開院(11床)
昭和54年 10月 東病棟完成(16床)
  11月 乳房外来開設
昭和61年 10月 南病棟完成(19床)
昭和63年 4月 SMC方式研修センター併設
平成元年 7月 医療法人登誠会設立
医療法人登誠会諏訪マタニティークリニックとなる
平成5年 4月 助産師卒後研修センター併設
  11月 助産師外来併設
平成8年 7月 本館6階建完成
平成9年   診療所から産科・婦人科・小児科病院へ組織変更(33床)
諏訪リプロダクションセンター(吉川文彦所長)併設
平成13年   新南館完成
平成14年   タウンホテル春宮 オープン
平成15年 (2003) 清水宇宙生理学研究所(清水強所長)併設

現在に至る。